信楽焼きタヌキの置物

滋賀県信楽にある信楽焼(シガラキヤキ)が有る番組で紹介されていたのですが、結構身近にある物ですが中々その意味合い迄等は知らない物ですね。
信楽といえば、日本六古窯にも上げられる程遙か昔寄り焼き物の生産地として有名なのですが、その名前通り、一歩信楽の町に入りますと、ずらりと居並んだ沢山の狸が出迎えてくれました。
店の前を埋め尽くすかの様なその姿はある種圧巻で、さらにその種類の多さに驚くのですが。中にはお店独特のアレンジ、服を着せたり雌狸も居たりしてセフレ作るコツそのバリエーションの多さが見ていて楽しくもあります。
その中でも一番に驚くのは信楽駅前に有る狸の電話でしょうか。遠目からでも分かる大きさの公衆電話は他では中々見られないものかと思います。
さて、信楽焼の狸ですが縁起物として扱われていますが”他を抜く”という語呂合わせに成っている様ですね、その他持ち物や衣装等にも一つ一つ意味が付けられていて家の軒先に置くというのも中々に頷ける程のめでたい尽くしでした。
狸の他にも、フクロウや蛙の縁起を担いだ可愛らしい焼き物もあるみたいですね。又、焼き物の体験をさせてくれる窯もあるみたいなので又いつか挑戦したいと思います。

Leave a Reply